グルメ

高岡市のパン屋”VIVIR(ヴィヴィア)”の塩パンをレビュー!【富山】

高岡市にあるパン屋さん VIVIR(ヴィヴィア)の塩パンをレビュー!

パンよりご飯派です。森コウです。

私は朝は必ずご飯を食べます。やはり白米を食べると力が出ますね。パンだとどうしても物足りないような感じがしますね。

そんなご飯派の私が、久しぶりにパン屋へ行ってきましたよ。訪れたお店は高岡にあるVIVIR(ヴィヴィア)さんです。

今回はそんなVIVIR(ヴィヴィア)さんをレビューしていきます。




VIVIR(ヴィヴィア)について

はじめにVIVIR(ヴィヴィア)さんについてまとめていきます。

店舗名は「石窯パン工房 VIVIR」となっています。ここからは略していきます。

VIVIR(ヴィヴィア)さんは2017年の12月に高岡イオンの近くにオープンしたパン屋さんになります。

お店の名前となっているVIVIR(ヴィヴィア)はスペイン語で「住む・暮らす」という意味を示しております。地域の皆様に愛され共に暮らして生きたいという思いから名付けられたそうです。

外観

石窯パン工房 VIVIR出典:石窯パン工房 VIVIR

VIVIR(ヴィヴィア)は店構えはレンガ造りの外壁が特徴的です。

石窯パン工房 VIVIR出典:石窯パン工房 VIVIR

外にはテラス席も用意されていますね。晴れた日には外でパンを食べるのも、とても気持ちが良さそうです。

内観

内観はこんな感じでパンが並べられております。その奥には石窯が置かれている厨房が丸見え!焼きたてのパンが生で見られるので、ライブ感が伝わってきそうです。

ヴィヴィア 内観 トレイ トング

専用のトレイとトングでパンを選んでいきます。

パンの品揃え

パンたちもこのようにずらっと並べられていました。どれも美味しそうで優柔不断な部分が出てしまいました。

ヴィヴィア 厨房

厨房はこのような感じで一番見える場所にスペイン製の石窯が堂々とそびえ立っております。焼きあがったパンは手前のテーブルで整理されて、お客さんのところへと運ばれていきます。

焼きたてのパンを狙うなら、このテーブルの様子のチェックが重要ですね!




VIVIR(ヴィヴィア) 詳細

VIVIR(ヴィヴィア)さんの詳細をお伝えします。

・店名:石窯パン工房VIVIR
・住所:富山県高岡市二塚415-1
・営業時間:7:00〜21:00
・定休日:月曜日
・お問い合わせ:0766-50-9876

VIVIR(ヴィヴィア)の人気パントップ2を紹介!

パンのテロップにも貼ってあったので、VIVIR(ヴィヴィア)さんの人気のパンを2種類紹介します。

森コウ
森コウ
トップ3じゃないのか?

確かにトップ3が一般的ですよね。そこで私は店員さんに聞いてみました。

私:「人気トップ2のパンのテロップはわかったんですけど、3位のパンのテロップが無いです。人気3位のパンは何ですか?」

店員:「トップ2のパンが売上げが凄いので、3位のパンのテロップは無いんです。」

こんな感じで言われてしまったので、人気3位のパンの種類はわからなかったです。

気を取り直して、トップ2のパンを紹介していきましょう!

人気No.2:自家製カレーパン

自家製カレーパン

人気No.2は自家製カレーパンになります。価格は180円+税になります。

ホームページにも書いてあるように、VIVIR(ヴィヴィア)さんもオススメしているパンになります。

・お肉がゴロゴロ!
・数種類のスパイスの奥深さ!

食べ応えが充分にありそうなカレーパンが人気No.2となっております。

人気No.1:塩パン

VIVIR 塩パン

人気No.1は塩パンになります。何と言っても、塩パンの魅力は価格ですね。

1つ90円+税となっております!

人気の理由もわかるような気がします。バターと塩の旨味が癖になるそんな塩パンが人気No.1となっております。

レビュー:塩パン

塩パン

人気No.1である塩パンを食べてきました。感想を伝えていきます。

・ポップにも書いてある通りのバターのジュワッと感がたまらない!
・塩気がしっかりとついていて、最後まで美味しい!
・表面のカリッと感が気持ち良い。
・何個でも食べられるような軽さ。重くない。

感動しました。久しぶりにこんなに美味しいパンを食べたような。そんな気持ちでした。

バターの旨味がぎっしり詰まっていますが、そこまで重くなく、何個でも食べられる美味しさです。老若男女に愛される味でした。

1個90円というのも塩パンの魅力ですね。一気に3つ買ってしまいました。

VIVIR(ヴィヴィア)の押さえておきたいポイント

VIVIR(ヴィヴィア)さんでは是非とも押さえておきたいポイントが4点あります。1点ずつ押さえていきましょう。

AIレジが画期的!

AIレジ 画面

1点目は富山県内で初めて導入されたAIレジです。特定の位置にパンを並べると、自動でパンの種類・個数を感知。あっという間にレジを済ませてくれます。

AIレジ 置くところ

この白いスペースにパンを乗せることで機械がパンを感知し、種類・個数を一瞬で出してくれます。レジの効率化に一役買ってくれているシステムになります。

VIVIR(ヴィヴィア)さんを訪れた際は是非AIレジにも目を向けてみてください。

キッズコーナーを完備

キッズコーナー

2点目はキッズコーナーを完備してくれている点になります。VIVIR(ヴィヴィア)さんではパン屋には珍しく、キッズコーナーが設置されています。

ママ会といった集まりには嬉しいスペースです。

イートインコーナー完備(コーヒーも頼める)

VIVIR イートインコーナー

3点目はイートインコーナーが完備されている点です。買ってきたパンをその場で食べることが出来ます。

テーブルは4つ用意されており、全て4人掛けのものになります。また、コーヒーも90円+税で飲むことが出来ます。

美味しいパンとコーヒーを頂きながら、ママ会やランチをしてみてはいかがでしょうか?

トースターを自由に使える

VIVIR トースター

4点目はトースターを自由に使える点です。買ったパンをイートインスペースで食べたいといった方にオススメです。

トースターを使うことで、惣菜パンやクロワッサンといったパンをアツアツで食べることが出来ます。パンはアツアツが美味しいですよね。




まとめ:ママ会やランチにぴったり!

高岡市にあるVIVIR(ヴィヴィア)さんのレビューをしました。

イートインコーナーが設置されており、またキッズコーナーも完備しているので小さいお子さんがいるママさんにはランチやママ会の場所としてぴったりです!

是非行ってみてください!塩パンを食べて、感動を共有しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。では次回で。

ABOUT ME
森コウ
森コウ
雑記ブログを運営しつつ、建築関係の会社で営業をしている2足のわらじワーカーです。1996年1月生まれ。富山県出身。名古屋の大学を卒業後、地元の企業にUターン就職。 旅行・ファッション・北陸グルメの情報を中心に発信中。 それに加えて、自分のコンプレックス・学生に有益な情報を惜しみなく発信しています。 旅行・ファッション・スポーツ・YouTube鑑賞が趣味です。